PET Flake

ペットフレーク製造ラインPET Flake

ペットフレークとは、ペットボトルを約8mm四方の小片に破砕して洗浄し、その名の通りフレーク状に加工したものです。

ペットフレークは、シート状に加工された後にPET製容器に加工されたり、合成繊維の原料として使われ、最終的には衣類やぬいぐるみの中綿に使われます。

手選別

手選別コンベアで異物を除去。

原料であるペットボトルを投入ホッパーに投入すると、最初に手選別コンベアへと流されていきます。手選別コンベアでは、選別作業員によって異物を取り除きます。


破砕・洗浄

洗浄・粉砕し、約8mmの大きさに。

異物を除去した後、洗浄粉砕装置によって洗浄粉砕されます。粉砕されたものは約8mm四方の小片になります。


比重選別

水槽に入れ、比重選別。

比重選別では、比重(水に浮かぶ性質・沈む性質)によって、ペットボトル以外のものを除去します。PETは水に沈むのに対し、ラベルは水面に浮き上がります。


洗浄

洗浄を行う。

比重選別を終えたPETの小片を、再度洗浄します。


脱水・乾燥

脱水・乾燥を行う。

洗浄を終えたPETの小片を脱水・乾燥します。


検査・異物除去

検査コンベアで最終チェックを行う。

最終的な検査は検査作業員によって行われます。比重選別などでは取り切れなかった異物や、着色されたPETなどがあれば取り除きます。


ペットフレーク

ペットフレーク

製品となったペットフレーク。合成繊維やシート材の原料として使われます。



↑このページのトップ