Pellet

ペレット製造ラインPellet

ペレットとは、プラスチックを一度溶融し、粒状に加工したもので様々なプラスチック製品の原料として使われます。

ペレットに加工されるのは主にPEPPという種類のプラスチックです。

投入

原料となるプラスチックを投入。

原料となるプラスチックを素材や、色によって選別し投入ホッパーに投入します。


破砕

破砕機によって破砕する。

投入されたプラスチックを破砕機によって破砕し、磁気選別機よって混入している金属類を除去します。


ニーダ。

破砕したプラスチックを溶融。

破砕したプラスチックをニーダという装置によって溶融します。溶融する温度は約200度の高温です。


カッターボックス。

溶融したプラスチックをカッティング。

溶融して液状になったプラスチックをカッターボックスによって水中でカッティングし、ペレットの大きさにします。

カッティングされたペレットは、脱水機によって水分を除去し、クーラーへ送られます。


クーラー

クーラーによって冷却。

クーラーで冷却された後にフィーダーへ送り、大きさを揃えます。


ペレット

ペレットとして完成。

ペレットとして製品となったプラスチック。ペレットは再生原料として使われ、様々なプラスチック製品に加工されます。



↑このページのトップ